家を売る際に損しないために押さえておきたいこと

不動産19

家を売る際には、早い段階で地元で評判が良い不動産会社に相談をして、住宅や土地の値段の付け方や広告の出し方など、大切な事項をしっかりと確認することが重要です。また、なるべく損をしないためには、周辺の地域の中古物件の価格相場をリサーチしたり、長年にわたり不動産業界で経験を積んだスタッフにアドバイスをもらったりするのも良いでしょう。

関連:草津市で家を売るときに知っておきたいコツ

売却予定の物件の市場価値について調べてみよう

家をなるべく高値で売りたい場合には、売却予定の物件の市場価値について、信頼できる不動産会社と相談をしながら調べることがとても大切です。一般的に、駅前や繁華街などに近いところにある物件は、地価の変動などの影響を受けるものの、年間を通して高額な価格で売却できるチャンスがあるため、じっくりと売却に向けた計画を立てましょう。

一方、街の中心部から離れたところにある物件については、築年数が新しいところや、室内の設備が充実しているところでも、なかなか買い手が付かないといったケースが少なくありません。最近では、各地の一戸建てやマンションのおおよその価値について検索ができるサイトも登場しており、物件の売却に役立つツールを色々と使ってみるのも良いでしょう。

また、売れ筋の物件に詳しく知るには、身近なところにある不動産会社に問い合わせをするだけでなく、実際に自宅を売却したことがある人の口コミを参考にするのもおすすめです。なお、狭小住宅など通常とは異なるタイプの一戸建て住宅については、購入希望者が限られる傾向が見られるため、多種多様な物件の売買をサポートしてくれる不動産会社を見つけることが肝心です。

物件の広告の仕方についてベテランの担当者にアドバイスを聞こう

売却予定の住宅の広告を出す際には、住宅の購入希望者が建物の外観や室内の状況を分かりやすいように気を遣うことが重要となります。たとえば、キッチンや風呂場、トイレなどの写真や動画を上手く撮影するにはある程度のテクニックや経験が必要となるため、不動産会社のベテランの担当者にアドバイスを聞くことがおすすめです。

また、不動産会社によっては一定の仲介手数料を支払うことで、売却予定の物件の広告を作成してくれるところもあるため、多忙な生活を過ごしている人も、安心して売却手続きを進めることが可能です。住宅の広告の出し方に定評がある大手の不動産会社の中には、過去に売却が成立した物件の広告について、公式サイトやパンフレットなどに掲載しているところもあります。

そのため、ニーズに合った不動産会社を選ぶうえで、複数の会社の広告の特色についてじっくりと比較してみましょう。一般的に、見栄えが良い広告を不動産会社に作成してもらうには、高額な手数料が発生したり、作業に時間が掛かったりすることがあるため、早めにいくつかの不動産会社にコンタクトを取ることがポイントです。

その他、老朽化が進んでいる物件については、売却後にトラブルが起こらないように、広告を出すときに問題点についてもしっかりと説明しておくことが大事です。

各地で多くの住民に支持されている不動産会社にサポートを任せよう

損をせずに適正価格で家を売りたい人は、各地で多くの住民に支持されている不動産会社にサポートを受けながら、売却に向けた準備を始めることがおすすめです。特に、住宅に関する専門知識がない人や、初めて住宅の売却手続きをする人は、トータルサポートに力を入れている不動産会社を依頼先の候補に入れることが大切です。

顧客サービスが良い不動産会社の中には、初回の無料相談の機会を設けたり、一人のスタッフが売却成立まで相談に乗ったりしているところも多くあるため、時間をかけて気になる会社のシステムを確認しましょう。また、家の売却時のサポートの良し悪しについては、不動産会社のスタッフのスキルや経験などに大きく左右されるため、慎重に複数の会社のスタッフのプロフィールに目を通すと良いでしょう。

一般的に、広告の掲載から売買契約成立までの期間が短い不動産会社については、数々の住宅に関するメディアで紹介されることがあり、年間を通して住宅の売却希望者が殺到する傾向が見られます。そうした中、タイミングよく住宅の売却を完了するには、数ある不動産会社の中でも、熟練の営業担当者の人数が多いところや、年中無休で相談対応をしているところを優先的に選ぶことが大事です。

不動産会社に支払うことになる手数料の総額についても確認しておこう

家を売る時に不動産会社に支払うことになる手数料の総額については、損をしないために重要なポイントとなるため、早い段階から各会社のホームページや資料などを参考にして役立つ情報を集めましょう。

住宅の売買の実績が豊富な大手の不動産会社の中には、売却予定の物件のタイプにかかわらず、明朗会計の手数料のシステムを採用しているところが多くあるため、初めての人もスムーズに具体的な手数料について把握することが可能です。

一方、個人経営の不動産会社においては、一戸建てやマンションなどの立地や敷地面積などによって、手数料に差が出るところもあるため、相談をする際に分からない点を担当者にきちんと質問することが大事です。顧客獲得に力を注いでいる不動産会社においては、キャンペーン期間中に住宅の売却の手続きを済ませた顧客を対象に、各種手数料が安くなるサービスを導入することもあるため、日ごろから人気のある会社の特徴をチェックしておきましょう。

なお、手数料の負担を最小限に抑えたい人は、各地のコストパフォーマンスに定評がある不動産会社のサービスに目を向けることが大切です。

不動産会社が主催する住宅の売買に関するセミナーや説明会に足を運ぼう

短期間のうちに家を売る際のコツを掴みたい時は、不動産会社が主催する住宅の売買に関するセミナーや説明会などに足を運んで、不動産業界に精通したプロの講師の話を聞くことがおすすめです。

特に、初心者向けのイベントについては、住宅の売買の基礎的なところから学べるとあって、多くの住宅の売却希望者が集まる傾向があります。そうした中、近い将来に家を売りたい人は、ネット上で色々な不動産会社の気になるイベントの情報をキャッチして、余裕を持って予約手続きを取ることが大事です。

その他、不動産会社の方針によっては、イベントの際に参加料金が必要なものや、参加者の人数が制限されるものもあります。そこで、すでに人気のイベントに参加をしたことがある人の体験談をチェックしてみると良いでしょう。